ローカルに大人気のWarung Men Runtuで海藻大量摂取

スポンサーリンク

サヌールのバイパスは海と反対側のJl. SekutaにあるWarung Men Runtuは、驚く程流行っているワルン(食堂)。テレビで取り上げられたり、新聞に掲載されたりと大人気。
DSC_2536
辺鄙なのに、バイクが止められないほどの盛況ぶり。
注文にまわる暇がないので、自分で伝票に書いて厨房へ見せに行かなければならない、そんなお店です。
DSC_2534

しっかし、何の変哲もないお店なんです。店構えも何もかも簡素。
味も普通。
バリ島のローカル食堂でたまに起きる現象なんですが、いたって普通のお店なのに流行っています。ここは、オーナーのインスタグラムが人気に火をつけたのかなと思っています。
だから、わざわざ行く程のお店では無いんです。
と言いつつ、私は時々行きます。www
最近はめっちゃ混んでいて座れないので、テイクアウトで済ませます。
何をテイクアウトするかって、あるメニューが大好きで。
それはこちら
16-11-17-12-35-08-392_photo

『Rujak Bulung/ルジャック・ブルン』バリ島風海藻サラダかな?
写真は白&緑の海藻のミックスです。
魚の出汁や海老の風味など、和食に通じるのかな、さっぱりしていてご飯と良く合うんですよ〜〜
激辛です。
揚げたカリカリ豆が添えられて、それとも相性抜群です。
DSC_2546
トゥラシ(海老の発酵食品)、唐辛子、すりおろしたココナッツ、ピンダンという魚の茹で汁、塩、クンチュール(根野菜スパイス)、仕上げにジュルックニピス(柑橘)で味付けするのが基本です。
辛いけど、柑橘風味爽やかで歯ごたえ最高。

バリ島の海藻は、とにかくフレッシュ。サヌールから30分のレンボンガン島は海藻の島で、島中でこの海藻を採っているのが名物風景です。
日本だとスーパーで売ってる「乾燥海藻サラダ」などの乾物を食べることが多かったですが、こちらではシャッキシャキの採りたてです!

テイクアウトしたら、さらに庭のサンバルジュルック💓を絞って頂きます。
DSC_0213
海藻のルジャックの中でも、Rujak Kua pindang Buiung Boni(海ゴーヤのルジャック)が一番おすすめなのですが、最近売り切れが続いています。

海ゴーヤのプチプチは最高ですが、塩抜きをしたり、付着物を掃除したりと下処理が面倒な上、冷蔵庫に入れると30分くらいでほぼ水のように萎んでしまうので、日持ちがしません。
今年の天候が悪いのかあまり出回わっていません。

海ゴーヤをパサールで見かけたら、家ではごま油を利かせた酢醤油ドレッシングで、冷麺のように大量に頂きます。1kgの価格は忘れましたが200円くらいかなぁ、日本だと高級料亭の小鉢です。
(海藻は藻で、海草は根があるものを差すらしいので、海ゴーヤがどっちなんだか分かりませんが)

 

というわけでWarung Men Runtuの「海藻のルジャック」、暑い日は毎日食べたいくらい好きです。


■Warung Men Runtu
Jl. SekutaNo.32C, Sanur Bali
12:00〜7:00