静寂の中で過ごす珠玉の時間✨カユマニス・ジンバランでの3日間

スポンサーリンク

先日、ジンバランのカユマニス・ホテルに2泊させて頂く光栄に。
極寒の日本帰省中にその連絡があり心躍りました。
ここには過去にも宿泊したことがありますが
その時はもうこれは一生の想い出だぁと思ったものです。
私はなんて幸運なんでしょう!

今回はたったひとりでこのホテルに滞在。
チェックインのあと緑を見ながらヴィラへ向かいます。

全室ヴィラタイプで19棟あります。
行き届いた植物の手入れに感心しながら歩きます。

 


こちらが、今回の私の滞在するヴィラの入り口。
完全にプライベートな世界が待っています。

扉を開けると。。。

プールを横切って向かいに広大なリビングの棟

1ベッドルームプールヴィラ。
プールも庭もリビングの一部のようなコンセプトです。

 

その奥にリラックスルーム!
水着でこの部屋に入って身体を拭いてから寛げるように工夫されています。
少しお昼寝したり。。。
しばらくして、また泳げるように。
ここへテラピストに来て頂く事も可能。

リビングの棟の向かいにベッドルームのある棟が建っています。

四方から採光があるように工夫されています。

ベッドルームの奥の、これまた居心地の良いスペース

反対側には使い易いワーキングデスクとクローゼットスペースがあります。

この棟の奥に半屋外のバスルーム💓
あ〜たのしみ〜💓💓💓💓💓

そしてプール。

静か〜〜😊✨


初日の昼過ぎからは生憎の雨でしたが、よりいっそう御籠もり気分が盛り上がります。

さて、何をして過ごそうかな〜
この別世界で久しぶりに自分と向き合ってみようかな〜
普段、家でも独り(笑笑)ですが、それとは気分が全然違います。

専属バトラーは24時間つきます。
スパの時間やハイティーの時間の手配の他、滞在時のお手伝いをしてくれます。
日本人には慣れない感覚ですが、是非フルに相談して快適に過ごすべきです。それがヴィラの醍醐味です。


ウエルカムドリンク&ミールからはじまりました。

日頃の気分が邪魔して、目の前が別世界すぎてなんだか笑えてきます。
『あかん!マダム気分を満喫しなくては!』

そこの住人になった気分でお友達をお招きすることも勿論可能。
日本人はバトラーとはなじみが無いので、ついついなんでも自分でやってしまうけれど、適度にお願いしてスマートにやってみたいものです。

ピンポーンと鳴り、ドアまで走ります。(ドアまでが遠い!)
ドアの向こうから「ハイティーの用意をお持ちしました」

むふふふ〜♫


キッチンにて私だけのためにハイティーをセッティング(てへへ)

うへへへへへへへ〜〜〜〜♫


食事が美味しいことで有名なカユマニスのハイティーはやはりひとつひとつ美味しい。伝統菓子、日本人の口に合うと思います。


広大なリビングで、好きな音楽をスピーカーに飛ばして
感無量。。。。。。✨✨✨
ウエルカムミールとハイティーで腹パン、、、
いえ、お腹が満腹でございます。

さ〜、泳ぐか!
誰も見ていないので思いっきり泳ぎます。
バタフライもどきの練習も思いっきりやってみました。w

泳いだあとはリラックスルームで横になり音楽をかけてしばし寛ぎます。
そして、また泳ぐ。
極楽です。

テクテク歩いて
次はバスタブへ😍

お楽しみ時間😊待ってました💓


ほんまにほんまに、も〜ほんまにサイコー🙌🙌🙌✨
静かな庭の中でバスソルトを入れたタブに
本も持ち込んでのんびり過ごします。
近くまで小鳥が遊びに来ましたよ〜❤

バスタブの中で名残雨が
茅葺きの葉先から雨粒になって落ちるのを
ずっと眺めているだけで本当に幸せでした。

さて、カユマニスとはシナモンのこと。
ここのシャンプー、コンディショナー、ボディローション、石けんなど
バスアメニティはカユマニスの香りのものばかり。
滞在中のマイボディはその香りに包まれます。

カユマニスそのものの先に『ペン先』をつけたペンや、
お部屋にセットされた美味しいカユマニスクッキーもこのホテルのファンには有名です。


前にも書きましたが、カユマニスグループのスタッフは長く勤める方ばかり。
このホテルに誇りを持ってホテルのことを愛しているのが伝わります。
心からゲストの喜ぶ顔が見たいという気持ちが共通してあると思います。

グループの日本人スタッフの方達も皆さんもほんとうに素晴らしいです。
全霊で滞在をサポートしてくださいます。
ジンバランにご勤務の日本人Yさんはび〜っくりするほどインドネシア語が流暢!👍👍👍いつお会いしてもスタッフに指示されている時の言葉の流暢さに驚いている私です。

ウエディングのパーティがあるようで、準備をされていました。いいなぁ〜💓
きっとカユマニスさんのことだから細部までケアして感激させるんだろうなぁ。

この日は夕方から夜にかけてスミニャックに用事があり、
タクシーを呼んで出かけました。

暗い時間に戻って来たら、ターンダウンサービスされているお部屋がまたエキゾチックな雰囲気であらためて感激。

夜はこの我がヴィラに戻り、二度目のバスタイムして眠りにつきました。

ZZZZZZZZZZZZZZZZ…..

二日目の朝
小鳥の鳴く声で目覚め、この近くに住むお友達と朝食♫
思い立ってお友達に連絡したら、さくっと遊びに来てくれました❤
ホテルの朝食が美味しいのは重要です。

朝食メニューから選ぶのに迷ったら、セットメニューの組み合わせを変えてもよし、調理方法をリクエストしても構いません。

実はここの朝食サービス、一日の何時からでも受け付けてくれます。
夜中でも!

この日はスパの予約が10時からでした。
「KA’U」スパへ♫

ウキウキ♫

「スチームバス」とマッサージをセットした新しいメニューが出来ていました。
スチームサウナを30分したあとに、ボディマッサージとフェイシャルマッサージです。
私もそれを試す事に。

まずはカウンセリングから

美味しいウエルカムドリンクを頂きながら
施術中に使うアロマオイルを選びます。

こちらが、スチームバスのコーナー

奥がスチームバス。真ん中がシャワールーム、手前が更衣室で流れるように
身体を冷やさず、流れるように次の行程へ移動できます。


実際、スチーム起動中は、真っ白でな〜んにも見えないミストの中へ入ります。
(写真は使用していない時のものです)
ほんとうに強力なスチームの湯気です。私、この1週間程前までの真冬の日本帰省の為にお肌が荒れてガッサガサしていたので
毛穴からバキュームするような保湿天国を満喫。潤います!

さすが、銭湯の我慢大会のようなサウナとは全くの別物!30分中気持ちよ過ぎた!何だったらここで寝られる!
そして心地良い香り。

湯気で見えなかったのですが、スチームが出るところに薬草をミックスしたハーブボールがセットされていました。
それで良い香りの薬草スチームを浴びていたんですね。

となりのシャワールームに移り、シャワーのあとはバティックの浴衣に着替えて
スパルームに戻ります。

そしてすぐにマッサージが始まります。
こちらでまずフットケアから


カユマニスのスパは3度目なのですが、
テラピストの醸し出す雰囲気!
そしてやはり、勤続が長いので熟練されています!

心がこもっているんです。正にテラピー。
休み無く流れる様なマッサージにとろけそうでした。

このあとの時間、オイルを肌に浸透させながら部屋でのんびり。
30分は洗い流さない方がベターだそうです。

そしてまたヴィラにてバスタイムです😊😍💓

私が受けたのは新メニュー「Island Awakening (2時間)」
スチームバス➡シャワー➡フットバス➡ボディマッサージ➡ミニフェイシャル
シャワーや着替えなどの時間は含まないで
ボディマッサージの時間はたっぷり配分されています。
薬草のスチームバスで頭からつま先まで、そして鼻からも十分に染み渡り、
身体の芯から暖まります。
その後に症状に合わせたアロマオイルを使うので、毛穴から浸透するのがわかります。リンパに沿ってうっ血が正常になり疲れが消えていきます。
2020年の3月末までプロモーション価格の
IDR975,000++で受けられます。
おすすめします👍👍👍
(プロモ期間終了後の正規価格はIDR1,625,000++)

スチームサウナとコンビのメニューは
スクラブつきの2.5時間のメニュー「Toropical Renaissance」もあります。
他はフォーハンドマッサージとカユマニスフェイシャルも私のお気に入りです。

夕方、ハイティー&ミーティングがありました。
レストランにてお茶菓子を頂きながら和やかなミーティングです。

なじみの社員の方々は、一切私のヴィラでの行動を干渉せずで
当たり前といえばそうですが、さすがだなと思いました。

美味しいお茶やお菓子を頂きながらゆったりしたひととき。

バリ島に新しくできる屋内遊園地の話で盛り上がりました。

会話の中で心に残ったホテルのエピソード。

ハネムーンで14年前にこのホテルに宿泊されたドイツ人の若いご夫婦。
ここでの滞在に感激して、毎年来る事を決められたそう。
その後も夫婦で毎年1ヶ月滞在されるようになり、
やがてひとりめのお子さんが出来て、二人目が出来て、
家族4人になってからもずっと第二の我が家としてここで毎年1ヶ月を過ごされるそう。
そのご家族の歴史をずっと見守っているホテルスタッフは毎年歓迎の意を表して
サプライズなお出迎えすることが恒例になり、
ある時はロビーにスタッフ全員が大集合して正装して出迎え、
次の年は、ひとりだけでお出迎え。。。と思わせておいて
ヴィラ内で全員で隠れて待っていたり、
いかにして驚いてもらえるかのアイディアを練るために毎年入念な会議をするそう。
なんて素敵な!
ヴィラにはそのお子さんの自転車が保管されています。

14年までとはいかなくても、カユマニスには沢山のリピーターさんがいらっしゃってその方達の好みに合わせたサプライズを考えるのが楽しみだとか。
そのはからいに感涙されるゲストも少なくないそうです。
日本人のリピーターさんもとても多いです。

 

さて、夜は私の遠い親戚のチームがバリ島に来られていたので
ホテル内のレストランでKayumanis Resto/カユマニス・レスト」でディナーをすることに。
ここのレストランは、ジンバランで一番人気。
私の大好きなレストランです。
大人なお友達をジンバランにご案内する時のディナーはここを指定することが多いです。
インドネシア料理を知らない方も知る方も奥深さをあらためて知る事になるレストランだと思います。
そして佇まいが素敵✨

今度は母も連れてきたいな。

広大な緑の真ん中に建つアンティーク白亜のジョグロ
ヴィラ同様に椰子の木を切り落とさないように木を生かして建てられています。


こちらのVTRを是非ご覧ください😊
https://www.youtube.com/watch?v=9Jc6OyrnVxo

お食事のあとは、ご一行を私のヴィラにお招きして、しばし夜中のお茶会。
とっても気に入って帰られて嬉しかったです。
私の家のお茶会だとこんなに喜んで頂けないので😊

ZZZZZZZZZZZZZZZZ……


さて、三日目の朝

今、バリ島全体で流行のプールで朝食を♫
私も初体験させて頂きました。

これは、ひとりでは寂しかったですな〜w
誰かとキャッキャ言いながらがいいなぁ。
楽しい想い出になりそうですね😊

朝食の後、名残惜しく思いながらこのままプールサイドで過ごしました。

ホテルの楽しみ方は、恋人同士、夫婦、家族でというのが一般的で
ひとりで泊まる方は珍しいかと思いますが
たまにはいいものですね。究極の贅沢☺
自分スイッチの切り替えが出来ました。

バリ島の高級ホテルやヴィラの滞在、一生に一度でもよいので体験して欲しいと思います。

バリ島の高級ホテルはもちろん高額ですが、コスパ世界最強だと思います。

声を大にして言いたい
「一生に一度だけでもバリ島の高級ホテルに泊まるべし!」
「そして外へ観光に行かないで御籠もりしてみるべし!」

 

とうとうチェックアウト時間がきましたが、
(インドネシア語流暢の)Yさんが、気を利かせてくださり
ウエルカムマッサージをチェックアウトの後に設定してくださっていたので
まだもう少しこの別世界に居られる!(卑しい私w)

チェックアウトの後、荷物をYさんに託して再びスパへ。


これがまた、ウエルカムマッサージの域を超える丁寧さ。
最後の最後まで最高でした。


星の数程ホテルがありますが、記念すべき宿泊をとお考えの方に是非おすすめします。一生に一度は体験してもらいたい本物のホスピタリティ。

カユマニスホテルの情緒は日本人にぴったりです。

 

さ、荷物を取りにレセプションへ寄って帰ろう!としたところ

え!!!!
なんと〜〜〜〜!!!

 

最後にサプライズが!!!!!

いつもお世話になっている方達が!!!
正装された皆さんが勢揃い!私の見送りのために来て下さっていました😭😭😭
…..感激😭😍😭😍😭😍💓

めちゃくちゃ忙しいはずなのにレセプションで集合して待機されていたなんて。
胸が熱くなりなりました。

さっきのチェックアウトの時のYさんは私にバレないように電話でコソコソっと
タイミングのやりとりをしていたような。。。その残像が蘇ってきました。。。。
やられた〜サプライズ!!

分かるわぁ〜〜〜!リピーターさんの方が帰国する時の気持ち。泣くわ、これ!
私の嬉しそうな顔を見て、みんな本当に満面の笑み。
泣ける〜〜〜😭💓😭💓😭💓
8年ぶりに、ツーリストの気持ちになって帰宅の車に乗りこみました。
珠玉の時間を本当にありがとうございました✨✨✨✨✨


Kayumanis Jimbaran Private estate & spa
Jl. Yoga Perkanthi Jimbaran Bali
+62 361 705 777