新鮮!!! 釣りキチ🐟Mr.アモンクのイカンバカール店

スポンサーリンク

私、イカンバカール(魚介のBBQ)は、日本の焼き魚よりも美味しいと思うんです。イカンバカールは日本からの友人には滞在中に一度は食べて欲しいと思う、バリ島名物です。
IMG20180524203413
焼きながら何度もつけるバリの特製調味タレと、豪快な直火の焼き加減、薬味のサンバルでこうも美味しくなるもんですかねぇ〜!
仲間と和気あいあい豪快に食べる雰囲気もはたまりません。
18-06-04-22-26-05-777_deco#1
サヌールのシンドゥビーチに昨年オープンした掘っ立て小屋「Warung Anpihbia/ワルン・アンピビア」は今や人気を博して座れないことも。
そして!
4月末にサヌールのバイパスの交差点に2号店を開店させました。
正式店名は『Waroeng Ampihbia As Well /ワルン・アンピビア・アズ・ウェル』
IMG20180510204118

IMG20180510204107
なんと!3時まで営業しています。

18-06-04-23-36-13-846_deco
18-06-04-23-26-11-733_deco#1
オープン間もない日だったので、
緊張しながら一生懸命なスタッフ達。
18-06-04-23-34-43-360_deco

この日は3人で2名用のミックスシーフードプレート(Rp.200,000)と魚の単品(タイ系の魚、写真サイズで70,000)を焼いてもらいました。
ミックスグリルセットは魚、大海老か蟹、海老、イカ、貝と空芯菜ともやしのお惣菜のプレートにごはんかポテトチップか、フライドポテトが2皿がつきます。
※3名分は(Rp.300,000)
ミックスグリルセットは、メニューに無いのですが、
「ビーチと同じセットを」と言ったら応じてくれます。

IMG20180510211555 IMG20180510211526 18-06-04-23-19-29-229_deco
魚をがっつりいきたいので魚の単品も注文します、

DSC_1367_2#1
スパイラル・ポテトチップは単品で注文するともっと盛られてRp.10,000。

18-03-31-20-03-55-530_deco
こちらは別の日のミックスシーフードプレート。
海老や貝も新鮮です。
色んな物が少しずつ味わえるのも嬉しいプレートです。

IMG20180510204922
小さなエアコンルームは冷房が効きすぎて冷蔵庫の様になっていましたが、調整してもらい、のんびり出来ました。

⬇は新しく出来たメニュー。
魚を選んで鮮度を確かめて、重さを計ってもらって明朗会計です。

IMG20180605160838

 

メニューでビーチサイドの1号店と違うのは、
ひとり用のパッケージがあること。種類豊富です!
ナシゴレンシーフードや、ミーゴレンシーフード(Rp.20,000)もあります。

魚、海老、イカ、タコ、蟹、魚卵から選べて全てにご飯とサンバルがついています。調理法はBBQ、フライ、スイートチリソース、スープ等からチョイス出来ます。

魚卵のセットがRp.30,000、蟹のセットがRp.35,000、その他はRp.35,000になります。⬇こちらがセットメニュー。
IMG20180605160925
5月までは一律Rp.25,000でプロモ料金でしたが、
6月からメニューが出来てRp.30,000〜に上がっていました💦

え!ぎょら〜ん💓
魚卵に目がない友人と魚卵のパッケージを試してきました。
魚卵のBBQをチョイス。友人はフライをチョイス。
満足しました😊
18-06-05-19-42-05-626_deco

薬味のサンバルは先日の方がずっと美味しかったのでおばちゃんによって若干味がちがうかも。

お店の人達は、おばちゃん、おにいちゃん皆、アットホームで感じいいです👍
調理スペースはれっきとしたオープンキッチンです。
サンバル作りも見られます。
IMG20180605161140

Wi-Fiだってあります。
サヌールエリアはフリーデリバリー(ミニマムRp.50,000)は嬉しい限りです。

といいつつ、

先日、せっかくなら海辺がいいな!とビーチ側の1号店に行きました。が、この時期強風で寒くてのんびりできず💦
さむ〜〜〜!
(乾期のサヌールのビーチは強風すぎる日があります)
いつもは満席の1号店も、がら〜んとしていました。

こういう日は俄然2号店が落ち着きます。

1号店は日が落ちると暗すぎて、何を食べているのか見えないというネックもあるので
夕方に行くなら海辺の1号店(強風が無いとき)が雰囲気いいですが、
夜に行くなら2号店がおすすめです、のんびり出来ます〜。

さて、ここのオーナー、アモンクさんは、大の釣り好き。毎日のように沖へ出かけています。Spearfishing(モリで魚を衝く漁)の名人で、お目にかかる時はいつも海水で濡れているイメージ。

18-06-04-22-29-00-270_deco#1
Mr.アモンク!  魚とのツーショットが絵になるナイスガイです!
この日はべノア港近辺で、クエもゲットしてきていました。

 

店名のAmphibia/アンピビアとは両生類のことで、
カエルのように水陸両刀の自分自身をイメージして店名にしたそうです。
アモンクさんは、本当にカエルのように海中をスイスイと泳いで射止めたサカナを持って陸に時々あがってきます。
あがったら、次は餌の仕込みと釣り具のメンテ。
そしてまた海へ😊😊😊

写真は、まだオープンしてすぐだったので人が入っていませんが、今はもう、なかなかの盛況ぶり。夜は賑やかです。
アモンクさん的にはこちらのお店が自分の成果と思われているようです。
店の中にはご愛用の釣り具も飾られていて。。。
IMG20180510205028
最近ではバイクや、ギターが置かれていて。。。
IMG20180605161135
先日は、店の前にアモンクさんの愛車、
オレンジ色のクラシックなオープンカーが置かれていました。
こういう自由でマイペースな感覚うらやましいなぁ〜〜〜😊

壁にはカエルの絵がふんだんに描かれています。
IMG20180510210543
こちらはお座敷コーナー。おサレ度ゼロ。

サヌールは新鮮な魚の宝庫で、釣り師だらけです。
こういったお店がもっとあってもよかったはずと今頃思います。
美味しくて安くて、ジンバランの半分以下の料金です。
サンセットは無いですが、日が暮れたら一緒ですわ〜。
アモンクさんは釣るだけ。仕事は親戚や、子分がやっています。
趣味をそのまま仕事にして、なかなか賢いカエルさんです。


Waroeng Ampihbia As Well
Jl.By pass Ngurah Rai no.508 Sanur
0821-45109360
毎日10:00〜翌3:00