フラッシュバック青春時代✨バリレゲエのカリスマ Joni Agung & Double T

スポンサーリンク

月に一回バンジャール(町内会)からうちに黒服サングラスのメンズが町内会費を徴集にくる。集金が終わったとたん「今週のライブ行くよね?」とため口で聞いて来て笑った。 😛

いつもの散歩道で合う顔見知りの若いローカル達も、
「今夜のライブは行くの?」「楽しもうね!」と満面の笑顔で声かけて来る。

Joni Agung & Double Tのライブの事だ。
おばさんがこっそりライブを楽しんでるのを見られてたんだな・・・💦
とちょっと恥ずかしいけれど、ちょっとハッピーな気分になる。

😀 サヌールが生んだバリ島の超人気レゲエバンド「ジョニーアグン&ダブルティ」。
彼らが作るローカル同士の連帯感みたいなものがある。

2015-08-30-23-08-19_photo
このバンドのメッセージソングを人生の応援歌にしている庶民は多い。
頻繁にある良心的な無料ライブを庶民は楽しみにしている。

バイクの検問の強面ポリスも、私のバイクに貼られたステッカーを見て、「お、ジョニーじゃんか」とGood👍👍👍とウインクw。一気に緊張がほぐれる。

いつも黙々と修理してくれるバイク修理工のお兄さんも、バイクに貼ったステッカーを見て「これあげるよ、ライブの時つけて!」とゴムのラスタバンドをくれたなぁ。😊
joniさんステッカーの効き目抜群!

しかし皆、こんなオバさんまでも、仲間にいれてくれてるなんて 😳 嬉しい〜♫💚
ジョニアグン&ダブルTが繋ぐ絆だな〜✨

IMG20180707231951

 

私の青春時代は洋楽ロックとレゲエがBGMだった。
特に大阪とレゲエは密接で、ドレッドヘアの兄ちゃんはそこかしこに。
ライブやコンサート、フイルムライブなど行き倒したものです。

本場ジャマイカに行きたいけれど、学生には旅費が莫大で遥か彼方の夢。
だからそのかわりに『ジャマイカの小型版のバリ島』へ行こう!とその頃のレゲエ好きサーファーはバリ島へ行ってたなー。

1980年はバリ島はレゲエの全盛期だった。バリ島は日本人にとって『似非ジャマイカ』というか、レゲエのサブメッカだった記憶。(関西限定かな??)

大阪の東通り商店街には「ポピーズ」というカフェバーがあってよく通った。
クタの老舗のポピーズとロゴも同じだったけど、どうしてだったかな??。
その頃の大阪のサーファーはレゲエ、ショーケンとか聴いて
ガラムを吸ってナシゴレンを食べていたw。

その昔、灯りの少ないクタの街はラスタカラーに溢れていたはず。
DSC_1071_1
大阪のレゲエブームは去ったけど
バリ島ではまだ健在。あの泥臭い雰囲気がそのままに、
私の青春時代がそのまんま止まっている錯覚に陥る。
その頃聴いたレゲエや洋楽がビーチで毎日のように耳に入って来る。
音楽であの頃の気分が蘇る✨✨✨
青春プレイバックだwww

 

さてさて本題!今や、若者の
カリスマ、ジョニー・アグン&ダブルT。
ボーカルのジョニー・アグンさんと、ギターのアリットさん、キーボードのマユンさん、
ベースのティレムさん、ドラムのロディさんで編成されるダブルTに新たに若いサックスマンが加入。
RG−2

昔から、レゲエのライブに彼らが出演すると
空気が一変。観客は急にお酒が回ったかの様に皆が熱唱し、毎度トランス状態になる熱狂的ファンも。
2015-08-30-23-02-56_photo

当初私は正当派のジャマイカンなレゲエが好みだったので
巨体のラスタマンの酔っぱらいオヤジソングのようなレゲエに
陶酔する男たちを斜交いに見ていたっけ。

何度かライブに行く次第に、彼らを陶酔させる魅力が何なのか分かって来た。
初めはさっぱりわからなかったけれど、
彼らの歌は「バリ語」で歌うラブアンドピース!等身大の言葉で歌うバリレゲエ。
ジャマイカンレゲエを歌うバンド達のようなカッコよさとは違うけど
皆と同じステージで共有しているような、’愛が溢れるバンド’なんだなぁ!

庶民的な雰囲気が心地よくて時々ライブを聴きに行くようになってしまった。
2015-08-30-23-08-01_photo

バイクフェスティバルやベスパ軍団のライブがあると彼らは決まってトリを歌うので
日時を口づてで情報を得ていた。

最近は彼らの取り巻きがスケジュールをサイトにあげてくれるので
ライブ情報もすぐ分かる様になった。
(サイトを作る取り巻きが多過ぎて、サイトが複数で複雑だけれども💦)
IMG-20180910-WA0000
☝今月(9月)のライブ日程です!

ライブのミュージシャンの中には「おおおっと!この人、上手いなぁ〜!」と思うバンドが他に何組か居るけれど、
オオトリのジョニさんが出て来ると常連の目の色が変わり一気に熱気ムンムン。
昔から他のミュージシャンに比べて圧倒的人気があった。

2016-02-27-20-17-34_photo 2016-02-27-20-18-00_photo
3年前の豪雨のライブ。

目も開けられないくらいの土砂降りの中の一体感は凄かったなぁ。。
昔ながらのファンはハーレー軍団や男ばかり。
黒ティー、革ジャン、タトゥーの強面兄ちゃんが
硬派に健全にバイクと音楽を楽しんでいた。
20140914_185100
そう、完全に『野郎の世界』だったはず。
それが っ 8-O 😯 😯 !!
ここ数年の間に、中学生、高校生ファンの数が激増!
数年前は皆汗臭いオッサンばっかりだったはずなのに、今では可愛い女子が沢山。
いつのまにか客層が急変してしまってビックリ。

ライブに陶酔するティーンズの女子達

今年に入って、夜遅いビーチライブにひとりで出かけた時、
黒山の人の海は全員中高生。小学生?らしき子も。
皆レゲエ黒Tシャツかジョニーさんの黒Tシャツで真っ黒。
子供の中にポツンと白Tのおばはん(私)💦💦💦

子供達、み〜んな陶酔しきっていて、酸欠で倒れる女子も。
IMG20180707232035
数年前は、もっと年齢層高かったのになぁ。。 😳
でも、帰り際は「また次のライブでね!」と握手してくる子供達😊可愛いなぁ〜。。。
IMG20180707213637
最近のファンはティーンズ

IMG20180707213537
深夜のライブではポリスが待機して中高生坊主を監視

 

毎週ライブが聴けたサヌールの本拠地的なマンゴーカフェは閉店し、老舗アパッチのゲストにもめったに出なくなっているけど、ジョニーさんのバンドは引く手数多で、毎日毎日バリ中でライブに忙しい。

日本だと大型コンサート級のライブを年がら年中こなしている。
ど田舎だって、孤児院だって、学校だって行く。チャリティーイベントも率先して行く。
入場無料ライブが多いので、だから中学生坊主もどんどん押し寄せる。

最近はメンバーにサックス奏者も入ってぐっとバージョンアップした♪

全員が大合唱する盛り上がり。

バリ島の空気と景色と民族性はラスタ精神にぴったりなんだと思う。
ジョニーアグンさんのレゲレゲな風貌はバリ島の海にしっくりくる。
レゲエって甘い声とか似合わないし、こぎれいでも無いので
彼の貫禄と泥臭い声は上手いというよりも誰にも出せない包容力があるな〜〜💚💚💚。
20180910134519
小さい箱のライブは、大宴会のようなアットホームさで楽しい♫

20180910134529


ジャマイカの代わりではなく、『バリレゲエ』を確率したバンドなんだと思う。

ラスタファリのような解放、平和、平等を歌うようなヘビーな歌詞ではなくて
バリ島のソウルが込められている。
若者に染みる端的な言葉や、韻を踏んだ深い歌詞、身近な幸せ。。。

 

ケチャのリズムに合わせた歌もあり、ライブ会場はケチャの声の海になって圧倒される。
バリらしいなぁ〜

 

 

熊本に住むお友達💓M.Nさんは、彼らや、彼らの時代のバンドがまだ駆け出しの頃からの固い固い友情があり、20年に渡って家族ぐるみの交流がある。
彼女はレゲエ好きの私を交遊仲間にいれてくれた。
M.Nさんのおかげで私もジョニーさんや、ダブルティーの面子と交流させて頂いている。
彼女から聞く昔のエピソードで益々彼らとの親近感が湧く。
素朴で家族、友達思いで、いつも子供の様にいたずらしたり、冗談を交わしあって笑い転げていて、メンバー同士も仲良しで人柄がいい〜〜〜。
人気が出て活動も一転したようだけど、何にも変わらない人達。
バリ島らしいなぁ。。。

彼らの弟分のような取り巻きがなにかとお手伝いしていたり
ライブ中にセキュリティとして監視したり、混雑を整備したりと暗黙のルールで秩序が守られているようで、座席指定の無い野外ライブが混乱したことがない。

深夜のライブの際には、私のバイクの後ろを強面のゴツいバイク乗り達が、後続車となって護衛してくれたことも。家の前についたら、ニコッと笑って爽やかに去って行った(笑)
一見、めっちゃ怖そうなバイク野郎達もジョニーアグンファンとしてのライブを支えています。
タトゥーは凄いけれど、硬派な男気の世界です。

2015-08-30-23-02-58_photo
ジョニーさんはサヌールのビーチでかれこれ5年ヨガのグル(先生)をしていることもサヌラーには有名。
(サヌールのビーチ、Pantai Karangでは毎朝、無料のヨガを開催しています。ジョニさんは忙しい時は来られないけれど基本は木曜日担当)
5年前、雑誌の撮影でそのビーチヨガを撮影する際にお世話になった時、
自分よりも、もうひとりのグルを尊重されていたことがとても印象深い。
2015-08-30-23-01-03_photo

ライブの後は、ジョニーさんに会いたいファンが大勢待っている。
すぐに帰らないで、遅くまでひとりひとりの声を聞いて、写真撮影に応じるジョニーさん。
IMG20180708004033
親戚の子供と話すように親しみを込めた温かい接し方に感心するばかり。
やっぱり彼は真のラスタマンだわ!

最近はなかなか時間もなさそうだけど、
ジョニーさんはいそがしい合間に孤独に釣りをするのが好きだそう。
曲もそのときに浮かぶんですって。

バリレゲエが世界に羽ばたく日が来るのかな〜〜
でも、そんなこと望んでいない気がするな〜😊

 

昔の曲も今の曲も良い物は良い。
バリ島は、物でも何でも良い物は大切にする文化なので
日本ではレゲエブームがすっかり去ったけれどバリ島ではまだまだ健在😊

バリ島の『バリレゲエ』をツーリストの方にも味わってみて欲しいです。


★今月9月29日&30日はムルタサリビーチにてレゲエスターフェスティバルが開催されます!
(ジョニーアグン&ダブルTは30日21:00〜)
18-09-10-14-04-41-819_deco

★今月21日と22日のバイクフェスも是非!!こちらもムルタサリビーチにて無料ライブ♫
(ジョニーアグン&ダブルTは21日21:00〜)
(UNB’ROCKENも超かっこいロックバンドです😍😍)
18-09-10-13-54-43-789_deco