アヤムバカールとテンペバカールが美味しいサヌールのイカンバカール屋台

スポンサーリンク

日本でもスーパーに並ぶようになったテンペ。
日本では健康食品の位置付けで好んで食べる人は少ないと思います。

上手に料理されると美味しいのですが、
私はテンペが食べたい!と思うことはなかなか無くて、普段は脇役です。正直、健康を意識して買うことが多いです。

屋台では煮込んだり、揚げているものが殆どですが、煮込みはあまり私好みではなくて、揚げているのは油の鮮度が気になったりします。

うちの家では、薄ーく薄ーくスライスしてからフライパンで長時間素焼き。
パリッパリになったものを沢山作っておいてサラダに混ぜて使ったりします。そうすると、ナッツのスナックのように香ばしいです。
ディップにつけたりしてもイケます!
(愛犬のおやつにもなります)

 

そんなテンペが主役のおかずになるお店があります。

リピーターに大人気のお宿「リカ・サヌール・ホームスティ」の看板女将から、美味しいバカール(BBQ)の屋台情報を得て
時々利用するようになったサヌールはダナウポソの屋台「Ala Jimbaran」。
DSC_0510

イカンバカールが美味しくて良心的な屋台。
そしてテンペ焼とアヤムバカール(鶏のBBQ)も気に入っています。

鶏を開いて網に挟んでペタンコにして丁寧に丁寧に両面を炭火焼にしています。
DSC_0507
コンガリ炭火のインドネシア風焼鳥です!
IMG20180508210116

テンペも同様に、薄く切って味付けし、網で両面をくまなく焼かれます。テンペのコクと歯触りがグゥー!テンペの美味しさを再確認😊
テンペ嫌いな人も一度試して欲しいです。
DSC_0502

どちらもしっかり炭火が通って香ばしくて美味!!!
作り立てのサンバルも美味しいです。
DSC_0497

サンバルマタとサンバルトゥラシがつきます🎶
IMG20180508210054

テンペは甘辛いサンバルソースがしっかりしみ込んでいます。
よくある素揚げテンペをサンバルにつけて食べるのとは全く違うので
ごはんととても合います。

真っ白なテンペにタレを付け焼きして仕上げていきます。
IMG20180508205800

慎ましい食事、粗食のことを「タフ・テンペ」といいますが、このテンペバカールはなんだか豪華。肉のような味と食べ応えです。
ベジタリアンの人におすすめ!

イカン・バカールはもちろん、この店の看板なので美味しいです。
なにしろお値段が激安。
イカン・バカールごはんとセットでRp.30,000~
アヤム・バカールセットRp.20,000
テンペは一皿Rp.8,000

お魚をチョイスして
DSC_0496
目の前で焼いてもらい
IMG20180508213911
じっくりじっくり焼けるまで我慢。
DSC_0508
出来上がりの熱々を頂きます🎶
DSC_0504

サヌールでは一番安いイカンバカール屋台だと思います。

割と目立たないところに有りながら、いつもひとがひっきりなしに買いに来ます。ファンが多いので売り切れていることもあります。
電話で予約しておいて取りに来られる方も多いようです。
DSC_0498

テンペといえば、サヌールの老舗「ワルン・パラヒャンガン」の
テンペ・プニェットも気に入っています。
納豆が恋しいですが、テンペの味もかなり分かってきたように思います。


■Warung Ala Jimbaran
Jl.Danau Poso
082146351984
17:00位〜21:00位まで(売り切れまで)

※ダナウポソ通りからバイパスに抜ける少し前の左手にあります。
私は煙を目印にしています。
バイパスからですとWarung bunanaから中道(Jl.Danau poso)に入ってしばらく進んで右手